会社設立の法定費用

会社設立の法定費用には

会社設立にかかる法定費用とは

日本で会社設立と言えば株式会社または合同会社ですが、それぞれの設立に必要となる法定費用は、株式会社で約24万円、合同会社で10万円となります。株式会社では、定款認証に5万円、印紙代4万円(電子定款の場合は不要)、登録免許税15万円などが必要とされ、合同会社では印紙代4万円(電子定款の場合は不要)、登録免許税6万円が必要となります。もちろん、これらの会社設立に係る法定費用のほか、出資金が必要となるのは言うまでもありません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; オフィスに欠かせない道具 All rights reserved